めざせ体癖マスター

個人の性格は「体癖」で決まる!?独自理論で徹底解剖していきます。

体癖を楽器で例えると…?

かなり久しぶりのブログ更新となります。


片山洋次郎氏の著書『身体にきく「体癖」を活かす整体法』で、
10種類の体癖が楽器に例えられていたのでメモしておきます。


体癖を楽器で例えると…?


・体癖1種:ピアノ
・体癖2種:トランペット
・体癖3種:バイオリン
・体癖4種:ビオラ
・体癖5種:ドラム
・体癖6種:能管
・体癖7種:エレキギター
・体癖8種:パイプオルガン
・体癖9種:ベース
・体癖10種:ソロ歌手


1種は自己完結型でソロプレーが成り立つ「ピアノ」。
頭に溜まっているエネルギーを論理的に整理して発散…
つまり、考えているだけで気が済んでしまうところがある。


2種は向こうまで音が響くという意味で「トランペット」。
足元を見ずに遠くの方や未来だけを見ている感覚。


3種は集団の中でハーモニーを奏でるのが得意な「バイオリン」。
コミュニケーション能力が高く大抵の人と上手く調和でき、
いるだけで場の雰囲気を和ませることが可能な体癖です。


4種は一見地味だけどハーモニーの要となる「ビオラ」。
何となく穏やかにニコニコしていることが多い。


5種は運動性が高くて躍動感がある「ドラム」で、
膝を上下させる動きをしていると落ち着く傾向にあるので、
無意識のしぐさとして貧乏ゆすりをやりがち。


6種は「能管」で異世界との境界線を渡る非日常的な感じ。


7種は音圧たっぷりの爆音系の「エレキギター」で、
常にエネルギーをぶつける対象がないと元気が出ない。


8種はどこか宗教的で神聖な音色の「パイプオルガン」。
弱者に共感しやすく自らを犠牲にして人に尽くす。
自己完結度が高い(=孤独に強い)という意味では、
1種(ピアノ)に似ていて8種は1種と相性が良い。


9種はしっかりした下支えの音で存在感を発揮する「ベース」。
どっちかというと裏方など「縁の下の力持ち」タイプ。


10種は周りから注目の集まるスター性の高い「ソロ歌手」。
人の注目を集めることによってエネルギーを発散します。


ほぼ引用になってしまいましたが、大体こんな感じです。


10種=ソロ歌手ってもはや楽器じゃないという…


確かソロ歌手って本当に10種が多かったような気が…
…となるとバンドも同じ構成にした方がいいのでしょうか?


・ボーカル=10種
・ギター=7種
・ベース=9種
・ドラム=5種


ボーカル以外は全員奇数体癖になってしまいますけどね。

体癖と場面緘黙症

皆さんは場面緘黙症という言葉を聞いたことはありますか?


体癖と場面緘黙症


これは不安障害の一つで、Wikipediaにも記事が載っています。


Wikipediaに記載されている通り、幼少期に発症するケースが多いです。


場面緘黙症の子供は家庭内では普通に話すことができるのですが、
特定の場面や状況になると急に話せなくなるという症状が出てきます。
(※特定の場面=幼稚園や学校など家族のいない場所が多いです。)


実は私も幼少期は場面緘黙症に苦しまされた経験があり、
声が出せないので上手く意思疎通ができませんでした。

場面緘黙症の診断チェックテスト


こちらのサイトで場面緘黙症のチェックテストができます。


re-start.tokyo

1.家では流暢に話すことができるのに、特定の場面や場所で話さない
2.先生や近所の人など、特定の人とうまく話せない
3.見知らぬ人に話しかけられると応えられない
4.特定の場所に行くと、じっとして動かないことがある
5.話すことを求められると頑なに拒否する
6.指さし・頷くなど、言葉以外で意思表示をすることがある
7.他人との関わりを避ける傾向にある
8.家庭以外の場所であまり感情を表に出さない
9.家庭以外の場所で緊張感や不安感が強い
10.自己主張が少なく、目立たないほうだ
11.どちらかと言えば慎重な性格だ
12.保育園や学校などで1ヶ月以上話さないことがある


当てはまる項目が多ければ多いほど場面緘黙症である可能性も高くなります。


今は場面緘黙症を完全に克服しているので特に何ともありませんが、
幼少期の頃の私はほぼ全ての項目に該当していて苦しい経験をしました。


・家の中でお喋りだけど外に出ると無口になってしまう
・伝えたいことがあっても口に出せずにジェスチャーをして伝える


特にこれらは場面緘黙症ならではの特徴のように思います。

体癖と場面緘黙症に関係はあるのか?


場面緘黙症の性質で気になった部分をおさらいします。


・あまり感情を表に出さない
・慎重な性格をしている
・自己主張が少ない


この辺りは体癖でいうところの2種の特徴と似ている気がしますが、
体癖2種が場面緘黙症になりやすいとかあるのでしょうかね?


性格と不安障害を結びつけるのは良くないので、これは保留ですね。


場面緘黙症で苦しんだ経験がある人が集まって座談会を行ってみて、
体癖何種の人が多いのかを確認してみたいな~…と思いました。

国家や地域にも体癖はあるのか?

国家や地域によって住んでいる人の性格も違ってきますよね。


…ということは国家や地域にも体癖はあるのではないでしょうか。


国家や地域の体癖


各国民性を皮肉った沈没船ジョークというものが有名ですね。
エスニックジョークといって他にも様々なパターンがあります。)


以下のような掛け声で海に飛び込むことを促すという内容です。


ロシア人「海にウォッカが流れていますよ」
アメリカ人「飛び込めばあなたはヒーローになれます」
イギリス人「こういう時こそ紳士は海に飛び込むものです」
ドイツ人「規則なので海に飛び込んでください」
イタリア人「海で美女が泳いでいますよ」
フランス人「決して海には飛び込まないでください」
中国人「おいしい食材が泳いでますよ」
日本人「みなさん飛び込んでますよ」
韓国人「日本人はもう飛び込んでますよ」


アメリカ:自分を強く見せようとする7種?
ドイツ:規則を重視するということは2種?
日本:空気を読んで周りに合わせる4種?
韓国:日本人に負けたくない…ということで8種?


中国は食べるの大好きで3種か?(笑)


体癖の特徴が反映されているような気がしてなりません。


日本は地域毎に分けても違ってくるでしょうね。


例えば大阪は体癖5種的傾向が強いように感じます。
値切ったりして損得勘定を優先しますからね。


ちょっとまけてや~!(安さが最優先)


5種的ダークサイドですな…こりゃ(笑)


【追記】
同じ記事を2連続で投稿してしまっていましたので、
新しい方を削除致しました。申し訳ございません。

ブログのアクセス数をチェックしてみた

このブログには一体どれくらいのアクセスが来ているのでしょうか…?


これまでのアクセス状況などを記録しておくことにします。

アクセス解析


アクセス解析をクリックするとアクセス数が表示されます。


はてなブログ「アクセス解析」


・今日:138アクセス
・今週:1557アクセス
・今月:6081アクセス
・合計:57300アクセス


1日100アクセスはキープできているので合格でしょう。


最も多い日でなんと…1日327アクセスもありました。

最近のアクセス傾向


「最近のアクセス傾向」も記録しておくことにします。


はてなブログ「最近のアクセス傾向」


Google:82%
Yahoo!検索:10%
・hatenablog-parts.com:3%
duckduckgo.com:1%


Google検索からの流入が最も多いみたいです。

言及


しがない弱小ブログですが、2件も言及して頂いております。


はてなブログ「言及」


言及して頂けるような記事を書いていけるように頑張りたいですね。


最近は更新ペースが大幅に落ちてしまっていますが、
マッタリと更新していければいいなと思います。

体癖を「テーマ型とゴール型」に分けることはできるのか?

今回も小田真嘉さんからの教えを取り上げさせて頂きます。


紹介するのは「テーマ型とゴール型」という概念です。


体癖を「テーマ型とゴール型」に分けてみる


詳しい内容はこちらの小田さんが書かれた記事をご覧ください。


ameblo.jp


人は「テーマ型とゴール型」の2つのタイプに分類できて、
考え方も仕事のやり方も全く違ってくるんですって!!


この2つのタイプは衝突することも多くなるのだそうです。


きちんとコミュニケーションを取ることができるようにするには、
2つのタイプをしっかりと理解しておく必要があるわけですね。


「テーマ型とゴール型」は以下のような特徴を持っています。


【テーマ型】
・喜び:臨機応変に創意工夫をする
・進み方:プロセス重視で夢に生きる
・思考:足し算で考えて情緒的
・本音:最後の最後に本音を話す
(どうでもいい人に本音をもらす)
・行動:とりあえず行動しながら考える
・約束:「頃、ぐらい」の大体で大丈夫
・期限:期限があるとストレス
・結論:答えを出すのが遅い
・発揮:締め切りギリギリで爆発的に本領発揮
・緊張:緊張に弱くホームに強い
・設定:「やりたくないこと」を決める
・意識:目の前を意識して、テーマに生きる


【ゴール型】
・喜び:計画通りに目標達成を目指す
・進み方:結果重視で夢に向かう
・思考:引き算で考えて論理的
・本音:人間関係は本音から始まる
(大切な人にだけ本音を話す)
・行動:考えて決めてから行動する
・約束:正確な時間と場所が必要
・期限:期限がないとストレス
・結論:答えを出すのが早い
・発揮:やることが明確になっていない時に加速
・緊張:緊張に強いが、融通はきかない
・設定:「やること」を決める
・意識:目的と目標を意識し、ゴールを目指す


極めつけはこれ。


ゴール型は天気予報で天気をきちんとチェックして、
雨の予報が出た時は折り畳み傘を持っていきます。


逆にテーマ型は天気予報を見ない傾向にあり、
その時点で雨が降っていなければ傘を持っていかず、
途中で雨が降ってくるとビニール傘を買うのだそうです。


テーマ型のダメ人間感が…


一見テーマ型がダメ人間のように感じるでしょうが、
ゴール型の方が優れているというわけではありません。


テーマ型は臨機応変に生きられるという強みがあるのです!!


体癖と同じで良し悪しはないということですね。


テーマ型が老子の「聖人君子」の生き方を目指すべし!!
ゴール型が孔子の「上善如水」の生き方を目指すべし!!
…とも言われています。目指す方向が大きく違ってくるのです。


各体癖を「テーマ型とゴール型」に分類できないのでしょうか…?


論理的な考え方の1種や完璧主義な9種はゴール型?
夢に生きる2種や一つのことに集中できない5種はテーマ型?


全部当てはめていくとなるとかなり厳しいかも…


これも細かい部分が違ってくるので難しいでしょうね。